素材別

ステンレス加工やパイプ加工、アルミ加工、真鍮加工、その他特殊鋼など、多様な素材への加工や切断に対応します。豊富な実績により蓄積されたノウハウを活かし、ご要望にお応えいたします。

【 目次 】

  • SUS全般 / 文字通り錆びにくい材質のステンレス。
  • チタン / 強くて軽い。また塩水に対して、白金に匹敵する耐食性。
  • ニッケル / 硬く、強磁性で様々な形状の製品に容易に加工ができる金属。
  • アルミニウム / 軽くて軟らかく加工が容易。耐食性にも優れている。
  • 真鍮 / 加工性、耐食性が高い。

ステンレス

直訳のとおり“錆びにくい金属”のステンレス。当社はステンレス加工における高い技術で薄さへの追求や通常困難な部品など、柔軟に対応します。

取扱材料

種類 解説
SUS304 オーステナイト系ステンレス。
耐食性・耐熱性良好で、最も一般的に使用されています。
SUS316 オーステナイト系ステンレス。
SUS304より耐久性・耐食性に優れています。
SUS430 フェライト系ステンレスの代表。
耐食性に劣るが、安価なため家庭雑貨などに多く利用されています。
SUS420J2 マルテンサイト系ステンレス。
焼き入れ後の硬さに特徴があります。
SUS440C マルテンサイト系ステンレス。
熱処理によって硬度が非常に高まります。
SUS410S 鉄に比べ耐食・耐熱性があり、安価なステンレス鋼種のため、自動車の排気系部品(マフラーなど)に使用します。
SUS310S Cr、Niを増やした高級耐熱鋼。
1000℃ほどの熱に耐える素材です。
SUS303 旋盤加工などの切削部品に使用します。
丸棒材が主体で、板材は少ないです。

製品加工例

TRUMPF TRUMATIC L3030イメージ TRUMPF TRUMATIC L3030イメージ

チタン

チタンは、軽い・強い・錆びにくい、厳しい使用条件・環境にも対応、多彩なメリットを持つ魅力溢れる最先端の実用金属です。
また、チタン本来の特性に加え、純チタン・チタン合金としてさらに優れた性質を発揮し、先端技術に欠かせない存在になっています。

チタンは一般的に加工が難しいとされている金属ですが、当社はチタンの切削加工において多くの実績と技術を積み重ねてまいりました。
チタンの切削加工でお困りの方は、是非ご相談ください。

ニッケル

ニッケルは、耐食性が高いためメッキに用いられ、ステンレス鋼や硬貨などの原料としても使用されています。
鉄鋼材料等に比較して、難加工材料であるニッケル合金でも加工いたします。

アルミニウム

アルミは、比重が2.7で他の非鉄金属に比べ軽く、加工が容易です。
耐食性にも優れていることから、窓枠、道路標識、自動車の車体、パソコンや家電製品の筐体など、様々な用途に使用されています。

真鍮

真鍮は、加工性、耐食性が高い素材です。また、展性に優れており冷間加工で使用される代表的な金属で、弾薬の薬莢や金属模型などその広い用途で仕様されています。

上に戻る